モテたいだけの歌い手に説教をした看護師さん

知り合いのアマチュアミュージシャンの男の子は、いつもフォークギターを抱えて様々なライブハウスで弾き語りをしています。 しかし、あまりにもショボイ歌とパフォーマンスにボクは悲しくなってしまう事が多々ありました。 そんな弾き語りアマチュアミュージシャンをしている男の子に向かって、ボクの学校の先輩で、いまは看護師さんをされている女性が厳しいアドバイスをしたのです。 (あなたの歌はモテたいだけの歌だよ)と言い放った看護師さん。 いきなりダメ出しをされてしまったアマチュアミュージシャンは唖然とした表情を浮かべていました。

しかしながら、彼の歌は確かに安っぽかったので看護師さんからダメ出しをされても仕方がないと感じたボク。 音楽って好き嫌いがあるので、一概に何が良くて何が悪いかなんてわかりません。 しかしながら、あきらかに安っぽい歌というのは誰にでもわかります。 こいつは女の子からモテたいから音楽をやっているんだなと見え見えな雰囲気を漂わせていたアマチュアミュージシャン。 彼には99パーセント音楽の才能はないと言っても過言ではありませんでした。

しかし、誰もそんな彼にダメ出しをする事はなかったのです。 なぜならダメ出しをしたからといって彼に何かしらの才能やパワーを与えられるわけではなかったからです。 おまけにダメ出しを逆恨みされてしまう恐れだってありましたので、みんな安っぽい彼の歌に文句を言わないできました。 でもボクの先輩の看護師さんだけは違ったのです。 たとえアマチュアミュージシャンに羨まれてしまう可能性があったとしても、おかしいと感じた事に関しては直接おかしいと言える勇気と正義感を持っていた看護師さん。 あの瞬間、その場の空気は凍りついてしまいましたが、才能のないアマチュアミュージシャンには良い勉強になったはずです。



Copyright (C) 2007-2014 [ゆるキャラを白衣に付けてる看護師さん]. All Rights Reserved.