生きがいを忘れた時こそ看護師さん

まわりの人間がドンドン結婚していく現実の中で少しずつ憂鬱な気分が蓄積されていったワタシ。 あまり他人のことをイロイロ気にする性格ではなかったワタシがこんなにも憂鬱になってしまうなんて、最初は信じられませんでした。 そんなとき、絶望感でいっぱいになっていたワタシを励ましてくれたのは看護師さんだったのです。

とくに優しい対応をするわけでもなく、ごく自然なコミュニケーションの中でワタシを励ましてくれた看護師さんには今でも感謝の気持ちしかありません。 もしも今、ワタシのように絶望感のなかで苦しんでいる方々がいらっしゃったなら、是非とも看護師さんに相談してみて欲しいです。 もちろん誰彼かまわず相談してしまうと逆に傷ついてしまう場合があるので、そこは看護師さんの雰囲気をキチンとみて、相談できる相手に値するかどうかを御自身の感覚で判断していただきたいです。 まあ、基本的に看護師さんは母性と優しさに満ち溢れた人が多いので適当に誰彼かまわず相談しても傷つくことは少ないかも知れません。

しかしながら、せっかく勇気をだして相談をするのであれば思いやりのあるアドバイスをしてくれる看護師さんに悩み事を打ち明けたほうが確実です。 たった一言、看護師さんに勇気をだして話し掛ける行為がアナタの人生を絶望のどん底から天国へと導いてくれるかも知れません。 生きがいなんて、もう絶対に見つけられないと感じていたワタシですら今は何とか復活することが出来ました。 それもこれも全て看護師さんの存在があったからこそです。 こんな話をしても、絶望感でいっぱいの状況の中にいる方々にはもしかするとピンとこないかも知れません。 しかし、ウソだと思って貰っても良いので、1度ワタシに騙される気持ちで看護師さんに人生の相談をしてみて欲しいです。 きっと何らかの光が見えてくるとワタシは信じています。

看護部長求人

Copyright (C) 2007-2014 [ゆるキャラを白衣に付けてる看護師さん]. All Rights Reserved.